fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

【実践済み】年間50万円以上の節約に成功した10のアイデア

   

     

          


全国1億3000万人の節約好きな皆さまこんにちは。日々節約に励んでおりますでしょうか?

僕は写真を撮るのが好きなのでカメラ機材を持っていますが、カメラの機材って高価なものばかりが多いです。

貯金をして買いたいところですが、この世の中は欲望をそそるものだらけで、普通に生活していてもなかなかお金はたまりまシェン。

さらに家庭を持っているとなるとお金の自由度なんてあったもんじゃありません!

消費税を下げろー!税金をもっと下げろー!

ガス代高いんじゃー!

あっスミマセン。心の声が漏れちゃいました。。

節約の話でしたね。

かと言って家計を切り詰めてまで節約しても日々の生活は楽しくありませんので、なるべく苦労しない節約が理想です。

そして、節約はなるべく毎月料金が変動しない固定費を狙いましょう!

食費なんか節約してもあまり効果が薄いですし、ストレスが溜まります。

そこで、僕が年間50万円以上の節約に成功した10のアイデアをご紹介したいと思います。

家賃

安い家賃のところへ引っ越す

家計の支出の割合で1番多く占めるのが家賃です。

仮に家賃を1万円節約できれば年間12万円の節約ができます。

12万円あれば家族で旅行ができますし、レンズだって買えます。

僕は地元が恋しくて2016年2月に大阪から大分に引っ越ししたのですが、月12,503円の節約に成功しました。

年間では150,036円の節約です。

間取りも2LDKから3DKと部屋数も増えました。まあ大阪と大分じゃあ家賃相場が違うのもありますが。

引っ越しで気をつけなればいけないのが、今より利便性が落ちないことです。

駅近で住んでたのに、駅から離れてしまってバスや自転車を利用しなければいけなくなった、または車がないのに郊外に引っ越したなど。

家賃の節約はできたけど、日々の生活にストレスが溜まる節約はあまり長続きしないので注意です。これは節約の基本ですね。

特に引っ越しは初期費用(仲介手数料、敷金、礼金、引っ越し代金)やガス、電気、水道の各会社への連絡や住民票や免許証の手続きなど、やることが山ほどあるので、慎重に行わないといけません。

引越しする際の手続きをまとめましたっ!

自動車保険料

自動車保険を見直す

今の保証内容を変えずに安くする方法は、代理店を通さないダイレクト型自動車保険(通販型)を利用するのもアリです。

ダイレクト型はネットで契約を行うことから店舗を持つ必要もなく人件費も抑えられるため、保険料が安くなっています。

それに24時間ネットで契約できますし、割引もしてくれます。

僕は以前までは代理店型の保険に入っていて、さらに車両保険も入っていました。

そこで、ダイレクト型のソニー損保に変えて、さらに車両保険もやめました。

車両保険については、自然災害があった場合や新車で全損してローンだけ残った場合などはいいと思いますので、ここは人の考え方それぞれですね。

ちなみに2016年の車両保険の加入率は43.5%です。半分以上の人は入っていないのですね。

車両保険ガイド – 車両保険って本当に必要? – SBI損保の自動車保険

保険を見直した結果、月5,242円の節約になりました。年間62,904円です。

ダイレクト自動車保険については、こちらを参考にしました。

自動車保険 ダイレクト型(通販型)と代理店型のメリット・デメリット | 保険スクエアbang!自動車保険

どこが得?自動車保険のネット割引比較&落とし穴

車の維持費はいろいろかかります。

自動車税、車検、タイヤ交換、エンジンオイル、ガソリンなどで僕の場合で年間どれくらいの費用がかかるか計算すると、ざっくり15万円強でした。

駅近に住んでいて車を必要としないなら、究極の節約は車を持たないことです。必要なときはカーシェアリングを利用するなどできますね。

タバコ代

禁煙する

タバコはよく百害あって一利なしと言われますが、まさにその通りです!

あっでもストレス解消にはなるか。。

タバコの価格も上がり続けて、僕が吸っていたマルボロは9月に10円上がって470円になっていました。

タバコは今や贅沢な嗜好品な上に嫌われ者です。

JTによる喫煙率調査によると、日本全体の喫煙率は2割を切っており、男性は3割を切っています。

出典:2017年「全国たばこ喫煙者率調査」、男女計で18.2% | JTウェブサイト

外では喫煙所は端っこに追いやられ、家に帰ってもベランダや外で吸って、コンビニの喫煙所では子どもに「臭っさ!」と言われる始末です。

実は僕は禁煙して5ヶ月になります。本数としては毎日12本くらい吸っていたので、そんなに多くはないですが、月で8,280円。年間で99,360円の節約になります。

禁煙の最初のうちは、飲み会でみんなが吸っていると、吸いたい気持ちはありましたが、今はもうありません。

節約金額も大きいですし、健康になりますし、家族からも喜ばれるので言うことなしです。

携帯代

MVNOに変更するか、MVNOとキャリアの2台持ちに変更する

総務省のホームページに携帯電話料金の調査結果が掲載されています。

出典:総務省 | 平成28年版 情報通信白書 | 電話通信料

これによると、2009年の携帯電話の年間の利用料は79,986円です。(移動電話通信料と記載してところです)

月平均にすると6,666円になります。

2015年になると91,306円に上がっています。これは月平均だと7,609円です。

つまり6年ほどで月1,000円利用料が上がっていることになります。

スマホになってから毎月の料金が上がったなんてよくニュースで見ますが、2009年はまだガラケー全盛の時代だと思います。

僕も節約前は8,000円を超えるお金を毎月支払っていました。

今ではMVNOとキャリアの2台持ちに変更することによって携帯代は3,000円を切ってます。

さらに嫁ちゃんも同じように2台持ちに変更しました。

節約前では夫婦で17,000円かかっていたのが今では6,000円ほどです。年間では130,200円にもなります。

節約の中でも効果金額が大きいので、携帯代が高くて悩んでいる人は、MVNOにするか、MVNOとキャリアの2台に変更しましょう!

一気に携帯代が下がりますよ。

スマホとガラケーのいいとこどり!2台持ちで年間4万円強節約する方法を教えます!


ネット代

モバイル回線にする

パソコンでオンラインゲームやスマホで動画をネット環境が必要です。

固定回線である光回線だと回線速度も速くなおかつ安定して使いやすそうですが、少し料金も高いです。

それに固定回線は自宅でしか利用できません。

モバイル回線だと外でも利用できますし、料金も安いです。

モバイル回線では、auユーザーでなければモバイル回線の最安はラクーポンwimaxです。

僕は以前からモバイル回線でしたが、先日ラクーポンwimaxに変更しました。

節約前は3,459円、節約後は3,231円と僅かな額ですが、ラクーポン以外のプロバイダはキャッシュバックを含めてのの料金なので、毎月の支払いはもっと高いです。

節約効果は年間では2,736円ほどです。

ラクーポンwimaxは、キャッシュバックがない分月々の支払いが安いので、毎月の支払いを減らしたい人はオススメです。

詳しくはこちらで書いています。

安さで選ぶならラクーポンwimax!8つの注意点に気をつけよう!

ラクーポンwimaxの契約から使用までの流れはコレを見たらわかる!


プリンタのインク代

互換用インクに変更する

プリンタのインク代って結構高いです。僕が使っているプリンタでも純正は4,000円を超えます。

僕は普段一眼レフで撮った写真は印刷しませんが、子どもの写真なんかを親に見せるときは印刷する程度ですが、それでも年1回はインクの交換をします。

インクナビという互換インクを使えば半額以下に抑えられるのでお得ですよ。

節約前は4,409円、節約後は2,300円と年間では2,109円です。

インク交換の回数が少ないので効果は小さいですが、頻繁に印刷するのであれば効果金額は大きくなります。

プリンタのインク代を簡単に半額にする方法!


レンタサイクル代

転職して車通勤になった

大阪に住んでた頃は自転車で駅まで行っていました。最初は自転車を買って通勤していましたが、駅での駐輪場って結構お高くて月で3,000円するところもあります。

レンタサイクルだと月1,500円で貸し出ししてくれるので、こっちを利用していましたが、大分に戻り車通勤になったので、レンタサイクル代が0円になりました。

額はちっぽけですけど年間では18,000円になります。

会社の昼食代

弁当を作って持って行く

会社の昼食代ですが、会社に食堂があれば安く済ませられますが、ない場合は会社の外で食べることになります。

これも日々の額は小さいですが月にすると結構な額になります。

日々苦労せず節約するのが基本ですが、弁当を作って持って行くには、いつもより朝早く起きて支度しなければいけません。

それに、帰宅してから弁当箱を洗ったりする手間が増えますし、夕食の残りだけ入れるのも寂しいので冷凍食品を買ったりするので食費も増えます。

僕は嫁ちゃんが出産で実家に帰っているときは作っていましたが、今は作ってもらってるので、僕自身は大して苦労してませんが。。w

独身の方は自分で作る必要があるので朝苦手な人は難しいかもしれません。

なるべく朝早く起きる習慣をつけて、食材は前日に用意して、当日の朝は電子レンジでチンするだけにしましょう。

そうすれば、弁当作りは15分程度で済みます。

ちなみに朝早く起きるコツは夜早く寝ることです。僕は10時前までに寝てます。

会社の昼食代は節約前は月7,500円ほどかかってましたが、節約後は食材費が3,000円ほどです。

年間では54,000円とかなり大きな額になります。

会社の外で食べている人は毎月1万円近くかかっていると思うので、さらに節約効果は大きくなりますよ。

会社のジュース代

水筒を持って行く

会社のジュース代も1回あたりの額は小さいですが、月単位や年単位にすると結構な額になります。

ついつい自販機で買ってしまいますが、水筒を持って行くことで節約できます。

水筒には麦茶かウーロン茶ですね。パックで売っているやつを買えば安上がりです。

コーヒーを入れて持って行くのもいいですね。僕は以前水筒を2つ持って行っていました。

節約前は月でジュース代が2,600円かかっていたのが、水筒を持って行くことで麦茶のパック代だけです。

麦茶のパックは200円程度ですので、これを1パックを3ヶ月で使い切るとしたら年間で800円。

節約効果は(2600円×12ヶ月)-800円=30,400円

会社に水筒を持参して年間3万円を節約する方法!

ATM手数料

出金の際の手数料を無料にする

家賃の振込みやお金を下ろす際にコンビニは利用してますか?

僕は銀行の店舗よりセブンイレブンの方が近いので毎週のようにATMを利用していますが、手数料なんて一切払っていません。

コンビニではメガバンク、地方銀行、ネット銀行など様々な銀行のキャッシュカードが使えますが、手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

例えばメガバンクの三菱UFJ銀行のカードを使って下ろすと、最低でも108円の手数料がかかります。

出典:三菱UFJ銀行ATMサービス | セブン銀行

ただ、以下のように一定の条件を満たせば、回数限定ですが無料で使えます。

出典:コンビニATM | 三菱UFJ銀行

続いて地方銀行である大分銀行です。こちらも同じように最低108円はかかります。

さらに月曜日の深夜帯は取扱いすらありません。

出典:大分銀行ATMサービス | セブン銀行

大分銀行の店舗でのATMでは、平日の8:45~18:00の利用は無料ですが、それ以外は108円の手数料がかかります。

でも平日のこの時間って仕事している時間ですよね。。

貴重な昼休みの時間にわざわざ銀行に行くのも面倒くさいです。

このようにセブンイレブンのATMや銀行のATMでお金を下ろそうとすると手数料がかかっちゃいます。

でも今やコンビニってどこでもあるから便利でついついATMを利用してしまいます。

そんな困りごとを解決してくれるのが、ソニー銀行のキャッシュカードです。

出典:ソニー銀行ATMサービス | セブン銀行

ソニーってあの家電屋さんのソニーです。そうソニーは金融業もやっているのです。

実際の店舗は持たずネット銀行という形ですが、セブンイレブンのATMではお金を下ろす手数料は無料です。(月曜日0時〜7時は取扱いなし)

しかもすごいことに何度下ろしても無料ですよ!こんな便利なカードないです!

実は面白いことにセブン銀行のキャッシュカードをセブンイレブンのATMで下ろす場合より条件がいいのです。

セブン銀行は朝と夜は手数料がかかります。

本家のセブン銀行よりソニー銀行が優遇されるなんて面白いですよね。

出典:セブン銀行ATMサービス | セブン銀行

僕は給料の振込先をソニー銀行にしてあるので、仕事で遅い時間帯に利用してもコンビニで無料で下ろせます。

ソニー銀行の口座開設はこちらからできますよ。

ソニー銀行

節約前は月に2回程度利用して216円の手数料がかかっていましたが、節約後は0円です。

年間では2,592円です。少ないと思うかもしれませんが、この金額があれば夫婦2人でファミレスで外食だってできるのでバカにはできません。

まとめ

それでは今回節約に成功した10個のアイデアとそれぞれの節約効果(年間)です。

  1. 家賃(安い家賃のところへ引っ越す):150,036円
  2. 自動車保険(自動車保険を見直す):62,904円
  3. タバコ代(禁煙する):99,360円
  4. 携帯代(MVNOに変更するか、MVNOとキャリアの2台持ちに変更する):130,200円
  5. ネット代(モバイル回線にする):2,736円
  6. プリンタのインク代(互換用インクに変更する):2,109円
  7. レンタサイクル代(転職して車通勤になった):18,000円
  8. 会社の昼食代(弁当を作って持って行く):54,000円
  9. 会社のジュース代(水筒を持って行く):30,400円
  10. ATM手数料(出金の際の手数料を無料にする):2592円

合計:552,337円

節約効果の大きいものから小さいものまでありますね。

でも10個の節約で50万円以上の節約ができるなんてビックリしてます。

まだまだ節約できそうなものがあるので、どんどん節約してレンズとカメラと三脚買うぞ〜!(๑˃∀˂๑)♪


関連記事


 - ライフ