fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

大分に生まれて良かった!僕が行ってきた全29ヶ所の撮影スポットを紹介します!(2017年下半期)

      2018/02/23

     

          


1億3千万人のカメラファンの皆さまこんにちは!

今年ももうすぐ終わりを迎えようとしていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

fukuyomaru.com恒例の撮影スポットの紹介ですが、今回は、下半期に行ってきた全ての撮影地になります。少し長いですがお付き合いくださいませ。

7月

両子寺(国東市)

紅葉と六郷満山で有名な両子寺ですが、新緑の時期も素晴らしい風景を見ることができます。

特に僕が好きな場所は山門です。山門を下から上へ見上げると緑に色づいた木々がとてもキレイです。

山門近くの仁王像も歴史があり、筋肉隆々でカッコいいです。

六郷満山の総持院 両子寺で新緑を撮ってきた!

臼杵石仏の蓮の花(臼杵市)

臼杵市にある石仏の近くには蓮畑があり、毎年たくさんの蓮の花が咲きます。蓮の花は朝早くに咲きますが、朝早くから多くの人がインスタ映えを狙っていました(笑)

蓮を撮った後は、近くの石仏群を見るのもいいですよ。ちなみに石仏は国宝に指定されています。

国宝・臼杵石仏の里で蓮の花を撮ってきた!

日田祇園祭(日田市)

約300年の伝統を誇る日田祇園祭。このお祭りの最大の見せ場は全ての山鉾が集まる集団顔見世があるのですが、先日の九州北部豪雨で被害に見舞われたため中止になりました。

今回は隈・竹田地区の山鉾4基が集まる「出会い」を見てきましたが、祭りは熱気に包まれてテンションも上がり、とても楽しかったですよ。

約300年の伝統を誇る日田祇園祭に行ってきた!

男池湧水群(由布市)

天然クーラーを求めて、九重連山の一つである黒岳の山麓にある男池湧水群に行ってきました。男池湧水群は男池園地にありますが、ここはまるでジャングルかと思うくらい原生林が残っています。

まるでジャングル!あまりにも暑いので男池湧水群と名水の滝に行ってきた!

名水の滝(由布市)

男池湧水群の近くにある名水の滝。水量はかなりのものでまさに天然クーラーやあ!

まるでジャングル!あまりにも暑いので男池湧水群と名水の滝に行ってきた!

8月

長崎鼻のひまわり(豊後高田市)

菜の花で有名な長崎鼻ですが、海水浴やキャンプ地でもあり、夏には多くの人が訪れます。

そして、ひまわりがたくさん咲くことでも有名です。

本数は140万本と県内でNo.1じゃないでしょうか?ひまわりと透き通るような海の青と空。これだけでも絵になります。

8月といえばひまわり!120万本が咲き誇る長崎鼻を堪能してきた!

院内の石橋群(宇佐市)

宇佐市院内は石橋の町で、たくさんの江戸時代から昭和初期にかけて造られた石橋が75基も残っています。その中でもこの打上橋は文久3年と町内最古の橋になります。

くじゅう高原展望台(竹田市)

大分の星撮影スポットといえばくじゅう高原です。空を見上げれば宝石箱を見ているようです。

また、阿蘇に沈む夕焼けもとても綺麗です。

大分市納涼花火大会(大分市)

大分市の花火大会は、毎年8月上旬の開催ですが、今年は台風の影響で8月下旬になりました。

大分市の花火の魅力は何と言っても、音楽に合わせて花火が上がって普段とは違う雰囲気を味わえます。打ち上げ数は6500発で県内最大、人出も15万人で最大なので会場は人だらけでした。。

県内最大規模!大分市の納涼花火大会に行ってきた!

9月

七ツ森古墳群の彼岸花(竹田市)

9月を代表する花といえば彼岸花。道端でも咲いている馴染みのある花ですが、群生しているところは意外と限られていて、県内では竹田市の七ツ森古墳群ぐらいです。20万本が所狭しと咲いていて、県外ナンバーの車もたくさん来ていました。

彼岸花が20万本咲き誇る七ツ森古墳群に行ってきた!

扇森稲荷神社(竹田市)

七ツ森古墳群に行った後にお参りに寄りました。京都の伏見稲荷みたいに鳥居が並んでいましたよ。もちろん鳥居の数は本場にはかないませんけど。

原尻の滝(豊後大野市)

こちらも七ツ森古墳群の帰りに行きました。日本の滝百選でもありますが、滝なのにアクセスは抜群にいいです。

ここは好きな場所で最近は星の撮影で来ていますが、あいにく天気に恵まれず。また来年チャレンジします。


10月

三光のコスモス(中津市)

中津市にある三光コスモス園。2800万本が咲き誇り、期間中はイベントもあるそうです。

観月祭(杵築市)

中秋の名月に合わせて開催されるのが、城下町杵築 観月祭。

杵築の城下町は北台と南台の台地の間に城下町があり、坂もたくさんあります。その中でも塩屋の坂から酢屋の坂を眺める風景は、足元に多くの竹明かりが並んでいてとても幻想的です。

竹を使ったお祭りは県内にたくさんあって、竹田市の「竹楽」、臼杵市の「竹宵」、日田市の「千年明かり」など竹明かりでつなぐ「おおいた竹明かりの祭典」と呼ばれています。

城下町杵築で数千本の行灯が道を照らす観月祭に行ってきた!

11月

杵築城(杵築市)

県内に天守閣があるお城は、中津城とここ杵築城だけです。冬の季節になると杵築城と海岸線から昇る朝日を撮ることができます。この写真は望遠レンズで撮っていますが、写真を撮る前に車から出ようとしたら大三元の標準レンズを地面に落としてしまいましたよ!

そらあショックで朝日が出るまで待てなくて、早々に帰宅しました。。( ´・ᴗ・` )

九酔渓(九重町)

11月はいよいよ紅葉シーズン。まずは紅葉百選や大分百景にも認定されている九重町の九酔渓。

10月下旬から紅葉が始まるということで、大分でも早いほうになります。僕が行ったときはシーズンど真ん中で現地に行くまで大渋滞でした。。

いよいよ紅葉シーズン!九重町の九酔渓に行ってきた!

白水ダム(竹田市)

水の流れがとても綺麗な白水ダム。

正式名称は、ダムではなく「白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)水利施設一溝」です。

白水ダムは、公共交通機関で来ることはできず、また道幅が狭いため観光バスなども通れないところにありますが、一躍有名になったのが、大分麦焼酎二階堂のCMで放送されてからでした。

国の重要文化財にも指定されており、大自然の中にダムの水が流れる音だけが聞こえる静かな場所です。

奥豊後にある白水ダムと宝生寺のライトアップを撮ってきた!

宝生寺(豊後大野市)

紅葉がライトアップされて、おまけに池に紅葉のリフレクションが撮れるということで、豊後大野市の宝生寺に行って来ました。普段見る紅葉とはまた違った雰囲気を味わえます。

奥豊後にある白水ダムと宝生寺のライトアップを撮ってきた!

くじゅう高原展望台(竹田市)

最近の星撮影は不調続きでなかなか自分で満足できる写真が撮れません。毎回くじゅう高原だと飽きてきたので、長者原まで行きましたが、雲がかかっていて星は撮れず。帰りにくじゅう高原を通ると星が見えていたので、魚眼レンズで撮りました。魚眼レンズも今年買ったのですが、なかなか活躍の場が来なくてモンモンとしていましたが、久しぶりに使えて良かったです。

白馬渓(臼杵市)

臼杵市の紅葉の名勝である白馬渓。

渓谷の1番高いところまで歩いて登っていかなくてはいけないので、子ども連れで行く場合は気をつけないといけません。頂上でカメラを落として、ボディとレンズフードにかる〜くキズが入って落ち込んだのは内緒です。。_(┐「ε:)_ズコー

でも初めてインスタグラムでフィーチャーしてもらえました!

臼杵市の白馬渓の紅葉を撮ってきた!

両子寺(国東市)

夏の新緑もいいですが、やっぱり両子寺に行くなら紅葉の季節です。

山門からの構図が好きなので、前回夏に行ったときと同じように撮ってみました。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

並石耶馬(国東市)

豊後高田市に向かう途中にあまりにも綺麗に色づいていたので、車を止めて撮りました。

国東半島にはこのような奇岩を多く見かけます。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

12月

行入ダム(国東市)

12月に入り、紅葉も沿岸部地域が色づきがピークを迎えます。今回は神仏習合の地、国東半島の紅葉を巡ります。

まずは、行入ダムから。天気も良く、霊峰「千の岩」も綺麗に色づいていました。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

植松池(国東市)

文殊仙寺に行く途中に紅葉が綺麗だったので、車を止めて撮りました。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

文殊仙寺(国東市)

六郷満山の1つである文殊仙寺は「3人寄れば文殊の知恵」の発祥の地で有名です。本殿まで長い階段を登るととても大きなイチョウの木が黄色く色づいていました。

本殿奥には「知恵の水」が湧出しており、せっかくなので頭が良くなるように願い込めていただきました。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

天念寺耶馬(豊後高田市)

こちらも六郷満山。旧正月には五穀豊穣、無病息災を祈る行事の「修正鬼会(しゅじょうおにえ)」が行われることで有名です。そのお寺の背後にそびえるのが天念寺耶馬です。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

長安寺(豊後高田市)

こちらも六郷満山。大きなイチョウの木がある長安寺は紅葉の時期になると、地面は落ち葉で埋め尽くされます。

11月下旬に一度行きましたがまだ落葉しておらず、12月上旬がベストでした。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

富貴寺(豊後高田市)

こちらも六郷満山。富貴寺は九州最古の木造建築で国宝にも指定されています。僕が行ったときはライトアップの準備で大堂の前はイスが並べられており、大堂は撮れる状況ではなかったです。

来年はライトアップ行きたいなあ。

国東半島が美しい!いろいろ紅葉を撮ってきた!

くじゅう高原(竹田市)

2017年のフィナーレを飾るのは僕が大好きな場所、くじゅう高原からの満点の星。

当日は天候も良くて星が綺麗に見えましたが、現地は-5℃ととても寒かったです。

手袋も二重にして、厚手の靴下で臨みましたが、手指がかじかんで長時間の撮影は無理でした。

来年始めには、しぶんぎ座流星群の撮影も予定しているので、防寒対策をしっかりしないといけませんね。。


まとめ

今年は上半期で36ヶ所、下半期で29ヶ所、合計で65ヶ所の撮影場所に行きました。(重複している場所はありますけど。。)

2016年は20数ヶ所だったので、去年より3倍多くの場所に行ったことになるので、まあ頑張ったほうですかね。(๑’ᴗ’๑)

反省点は、下半期も季節ごとの花は撮れましたが、花火や祭りなどのイベントはあまり行けなかったので、来年はもっとイベントにも行きたいですね。

あと星景写真も毎回くじゅう高原なので、来年は他の場所を探してみたいです。

さて、今年の撮影はこれで終わりです。来年はもっと皆さんにステキな写真をお届けできるように腕を磨いていきますのでどうぞヨロシクお願いします。

関連記事


 - 撮影記録 , , , , , , , , , , , ,