fukuyomaru.com

一瞬の思い出を永遠に

*

撮影のときは常にコイツと一緒だった!AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの魅力を語ってみる!

   

     

          


梅雨のうっとおしい時期 みなさま如何お過ごしでしょうか?

今回はNikonのズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRについて書きたいと思います。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの魅力を語ってみる

みなさま大三元レンズってご存知ですか?

Nikonのレンズには、f2.8通しのズームレンズが望遠、標準、広角に用意されています。

  • 望遠レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
  • 標準レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
  • 広角レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

この3つのレンズを麻雀の役満である「大三元」になぞらえて呼ばれています。

そして、僕が大三元レンズの中で持っているのが標準レンズであるAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRなのです。約1年間使った中でその魅力について語りたいと思います。

撮影のバリエーションが多い焦点距離

星や広角の撮影ができる

なんてったって、この絶妙な焦点距離が魅力です。広角端は24mmから始まり広角レンズの部類になります。全域を通して解放からf2.8を使えることができるため星の撮影も可能です。天の川も全て入れることは難しいですが、撮影できないことはないです。f2.8の恩恵は非常にデカいです。

僕はレンズ購入資金に限りがあるので、新たに標準レンズと広角レンズの2つは買えなかったので、撮影頻度の高い標準レンズを選びました。その際、考えたことは星の撮影です。

星の撮影には明るいレンズが必要のため、最低でもf2.8は欲しいと考えてました。

そうすると、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRのレンズしか該当しないのです。

標準〜中望遠だってイケる

また、焦点距離50mmは広角と望遠の中間で標準レンズの部類になります。人間の視界の見え方に最も近いと言われています。

広角の壮大なスケールやと望遠の迫力さもなく、中途半端な距離で特徴はないけど落ち着いた感じで撮ることができます。

最後は望遠端です。70mmは中望遠と呼ばれる部類で、離れた被写体を寄せることができます。

全域でf2.8を使える自然で美しいボケ

一眼レフカメラを趣味として始めるとき、まず味わってみたいのがこの「ボケ」。僕もカメラ始めたときはボケを撮りたくて色々撮ってみました。

さすがに単焦点レンズには劣りますが、そんなボケ味を24mmから70mmまでをf2.8を使えるのは大三元レンズでしか感じられない魅力です。

オールマイティーにどこでも戦える感がハンパない

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRがあればどこでも安心して撮影ができます。僕はこのレンズはドラクエで言うと「勇者みたいな存在」と思ってるんです。

戦士や武闘家、魔法使い、僧侶っていう職業は何か1つに秀でた能力を持っており、その能力は誰にも負けません。でも勇者って何か特別な能力を持ってる訳ではありません。

それでも勇者には万遍な能力があり、オールマイティな能力があるがゆえに例え1人になってもモンスターと戦うことができますが、戦士や武道家はHP、魔法使いや僧侶はMPなくなったらジ・エンドです。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRも単焦点レンズには美しいボケや描写力は敵いません。でも僕もカメラ入門レンズの50mmf1.8の単焦点持ってますが、現場でレンズ交換ってなるとメンドくさっ!って思いますし、カメラ内部は非常にデリケートな部分ですし外でのレンズ交換はためらいます。構図を考えるとき後ろに下がったり、前に寄ったりすることができない環境では、やっぱりあると嬉しいのがズーム機能です。

1本しかレンズ持っていけないとしたら、間違いなくAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを持ち出しますね。このレンズさえあればオールマイティーにどこでも戦えます。

レンズ構成に1つの軸ができた

僕の持ってるレンズ構成です。広角側は24-70mm大三元レンズ、望遠側は70-200mmの小三元レンズでカバーしてます。あと小型で軽量な24-85mmとポートレート用に50mm単焦点レンズといったところです。

  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
  • AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
  • AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ひとり身ならふんだんにお金をカメラに注ぐことができますけど、家族持ちで趣味でカメラやるってかなり金銭的に厳しいです。でもそんな中、24-70mm大三元レンズを買いました。少しずつレンズをステップアップするのはコストもかかりますし、レンズ沼にもハマっちゃいそうで、どうせならテッペンの24-70mm大三元レンズを!ということで何か1つは妥協したくなかったです。それが24-70mm大三元レンズ。僕の中で1つの軸ができました。コイツさえあれば何とか戦えるんじゃないかと。そして、買って正解でした。星の撮影や夜景、花の撮影など幅広く活躍してます。

旧型からの進化

出典:Nikonホームページ

AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRは2015年10月に発売されてますが、旧型からの主な進化は2点です。

VR(手ブレ補正)機構を搭載

出典:Nikonホームページ

出ました!標準レンズにもVR(手ブレ補正)機構を搭載してます。しかも4段分!

これによって薄暗い夕暮れ時での手持ち撮影による手ブレを軽減することができます。VRなくても三脚を使えば解決する問題ですが、いつでもどこでも三脚が使えるとは限らないので、正直僕はVRがついて嬉しいですし、VRの恩恵がどこまであるかわからないですけど、お守りみたいなモンで安心できますね。

AF速度、精度の向上

旧型でも十分早かったみたいですが、新型ではさらに早くなってるみたいです。これはSWMという超音波モーターの改良によるところが大きいみたいです。

その他

それ以外は最大撮影倍率がちょこっとだけアップ(0.26倍→0.28倍)、ED非球面レンズを採用、フードロックボタンの追加といったところです。

結局新型は買いなのか?

旧型と明らかに違うのがVR(手ぶれ補正)の有無なので、VRが必要ないと思えば旧型が買いでしょう。それに新型のほうが重くなってますし(170g増)。さらに長いし。。

新型が出たことによって中古価格がだいぶ下がってますからね。今なら10万円ちょっと出せば買えちゃいます。

ただ、僕は旧型が2007年発売で結構古い設計になっていることと、この標準レンズが撮影頻度の高い焦点距離であることを考えて、新型を選びました。


まとめ

重くてデカイし筋トレしてるようなレンズですけど、24mmから70mmを解放からf2.8で使えることはありがたいです。これを単焦点レンズに置き換えると3〜4本必要になってきます。そうすると荷物も増えて、現場でのレンズ交換などの作業も増えます。それを考えると単焦点レンズをギュッと1本に詰め込んだ24-70mm大三元レンズは便利で標準ズームレンズの最高峰レンズと言えますね!

関連記事


 - カメラ, レンズ , ,