fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

僕がメインでAPS-C機を使うなら揃えておきたいDXレンズを妄想してみた!

      2018/03/27

     

          


一眼レフを趣味で始めようと思った方の多くは、最初に買ったカメラはAPS-C機じゃないかと思います。

僕も初めて買ったカメラはAPS-C機でした。

今はフルサイズカメラのD610を使ってますが、3〜4ヶ月前からフルサイズとAPS-Cの2台体制にしたいと頭の中では見事なマスタープランが出来上がっているのですが、なかな踏ん切りがつかず買えずじまいです。

今回は僕がメインでAPS-C機を使うなら揃えておきたいDXレンズを妄想してみましたYO!

広角レンズ

まずは広角レンズからいってみましょう!Nikonの広角レンズは3種類あります。

広角レンズフルサイズ換算発売日質量アマゾン価格(2017/8/9現在)
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR15-30mm2017年6月230g34,220円
AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED15-36mm2009年5月460g89,904円
AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED18-36mm2003年6月465g110,000円

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

今年の6月に発売されたばかりの新しいレンズでレンズの名前がAF-Pから始まっています。

出典:ニコンホームページAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

従来のAF-SのAF駆動は超音波モーターですが、AF-Pではスティッピングモーターを採用しており、AFが高速で音も静かです。

ただ、使えるレンズに制限があるので注意が必要です。

AF-Pレンズとの組み合わせについて

このレンズのメリットは、何と言っても価格が他の2つのレンズに比べると半額以下と異常に安いです。3万円台で純正の広角レンズが買えるなんてスゴいです。

また、重さも他の2つのレンズと比べると半分です。これまたスゴいです。

マウントや銅鏡部分をプラスチックにすることによって軽量化にしていますが、撮影時や持ち運びのことを考えると軽いに越したことはありませんからね。

出典:ニコンホームページ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

ただ、弱点もありますね。

f4.5から始まるのでレンズが暗いです。

星の撮影をするならf2.8は必要なとこですが、残念ながらDXレンズのラインナップには明るいレンズはありません。。

なので普通に夜景や日中に撮る分にはこのレンズで満足できると思います。

AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

このレンズは3つの広角レンズの中で、唯一f値が3.5が始まる1番明るいレンズになります。

そしてさっきのAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRより焦点距離が4mm広い24mmなので、望遠側に少しメリットがありますね。

AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED

発売が2003年と1番設計が古く、重さも1番重いレンズ。

ただ重いといっても465gなので、僕が軽い!軽い!と言ってるAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRのレンズと同じ重さなので単にAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRの230gが異常に軽すぎなだけかと思います。

焦点距離は他の2つのレンズが10mm(フルサイズ換算15mm)から始まるのに対して12mm(フルサイズ換算18mm)と2mmのハンデはあります。画角にして10°ほどです。

同じ焦点距離ではないですが、先日僕が撮った写真で38mmと40mmで2mmの差がある写真があります。

上が38mm下が40mm。焦点が標準域なので比較にならないかも知れないですが、2mmの差とはこんな具合です。

広角レンズのまとめ

正直どのレンズも決め手に欠けてとても迷いますね。

3つのレンズのうちどれか選ぶとなれば、先ほどのAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRですかね。

安いし軽いしVRも付いてますからね。3万円台で超広角レンズが手に入るなんて夢のようです。

標準レンズ

標準レンズフルサイズ換算発売日質量アマゾン価格(2017/8/9現在)
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR24-120mm2015年7月480g106,310円
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR24-128mm2008年2月485g74,170円
AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED26-83mm2004年6月755g164,000円
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR26-83mm2016年9月205g19,580円
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II26-83mm2014年2月195g26,406円
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR26-158mm2008年9月420g45,500円

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

このレンズの最大の特徴は広角側の解放f値が2.8から始まることですね。そして望遠側もf4で使うことができます。さらにDXレンズ初のナノクリスタルコートを採用しています。

DXレンズは気軽に使えることも当然視野に入れているので、価格の安さも重要です。

明るいレンズにすると高くなってしまい、カメラを始める方には敷居が高くなってしまいます。なので必然的にDXレンズは暗くなってしまうんですね。。

星の撮影を考えている方は広角側は最低でもf2.8は必要です。

焦点距離も広角側をフルサイズ換算すると24mmです。これなら天の川も大部分がフレームに収まります。

それに24-120mmですから5倍ズームでかなり撮影幅の広いレンズだと言えます。価格は少し高いですけど。。

AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRと似たような焦点距離ですが、レンズの明るさが少し暗い分価格は安くなるので、気軽にカメラを始めやすいレンズです。

AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED

広角から望遠の解放までf2.8で使えるというDXにしては珍しいレンズです。

焦点距離はフルサイズ換算で26-83mmと約3.2倍のズームレンズ。

肝心の描写力は解像感も高く評判もなかなかのもので、僕も同じf2.8の24-70mm/f2.8VRを持ってますが、解放でのボケは柔らかくてキレイですね。

ただ、VRがない、設計が2004年と古い、重い、価格が高いなど気になるところはたくさんありますがね。。。

AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

去年発売されたばかりのAF-PレンズでD5600などのレンズキットにもなっており入門レンズのような存在。

出典:ニコンホームページAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

高速なAF速度で解像感もシャープですし、何より2万円を切るなら入手しやすくボディと一緒に購入したいレンズ。

AF-Pレンズは使用に関して制限がある場合があるので組み合わせには注意してください。

AF-Pレンズとの組み合わせについて

AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II

AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRの前モデル。こちらも2014年発売なので古くはないです。

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

焦点距離がフルサイズ換算で26-158mmと標準レンズの中で1番高倍率なズームレンズです。価格も手頃ですが、高倍率レンズのジャンルでもっと高倍率なレンズがあります。

標準レンズのまとめ

ちょっと価格は高いですが、僕なら広角側の解放がf2.8で使えるAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRを選びます。望遠側もf4ですから十分ボケボケな写真は撮れますからね。

AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-EDも迷いましたが、焦点域が27mmから始まるので、広角側はAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRが有利ですし、価格もフルサイズレンズ並ですからちょっと躊躇します。


望遠レンズ

望遠レンズフルサイズ換算発売日質量アマゾン価格(2017/8/9現在)
AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II83-300mm2015年2月300g19,000円
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR83-450mm2010年9月530g24,800円
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR105-450mm2016年9月415g31,080円

AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II

フルサイズ換算すると望遠側が350mmにもなります。これだけあれば太陽の撮影やもっと被写体を寄せたい場合にも十分な焦点域です。

望遠側のf値は5.6ですが、下の写真のように被写体と背景の木々や街並みがかなり離れているので、ボケを演出することができます。

出典:ニコンホームページAF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II

f値は望遠レンズの中で唯一広角側がf4から始まります。

AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR

フルサイズ換算すると望遠側が450mmになります。重さは530gと望遠レンズの3種類中1番重いですが、フルサイズレンズに比べたら軽いほうですし女性でも十分持てます。

出典:ニコンホームページAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

僕が密かに狙っているレンズです。フルサイズ換算で105-450mmの超望遠レンズで太陽や月の撮影、そして415gと軽量なので子どもの運動会なんかにもすごく活躍してくれそうです。

フルサイズの超どデカイレンズでもいいですが、運動会の撮影だと目立ちすぎてちょっと恥ずかしいですよね。これならシャイな僕の願いを叶えてくれるそんなコンパクトレンズです。

ただ、望遠側のf値が6.3と暗いですが、日中の撮影や風景撮影なら問題なさそうです。

出典:ニコンホームページAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

AF-Pレンズは使用に関して制限がある場合があるので組み合わせには注意してください。

AF-Pレンズとの組み合わせについて

望遠レンズのまとめ

望遠レンズのラインナップではf2.8通しのような大口径レンズはないですが、どれも値段が安く一眼レフ初心者の方でも踏み込みやすい構成になっています。

僕なら最新のAF-PレンズのAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRを買いますね。

AF速度の評判の良くて、最新設計で何より安価ですからね。

高倍率ズーム

高倍率ズームフルサイズ換算発売日質量アマゾン価格(2017/8/9現在)
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR27-210mm2013年8月490g37,000円
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II27-300mm2009年9月565g81,540円
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR27-450mm2012年6月830g104,480円
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR27-450mm2014年4月550g63,625円

AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

このレンズはフルサイズ換算すると望遠域は210mmとなります。

下の写真は焦点距離140mmにさらにクロップ撮影でx1.3の182mm。(フルサイズ換算では273mm)

出典:ニコンホームページAF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

価格も高倍率ズームの中で1番安く最軽量です。なるべく荷物を減らしたい、レンズ交換の手間を省きたい、特に旅行などのシーンで活躍する便利ズームですね。

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

上のAF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VRより高倍率になり約11倍ズームです。

AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR

上の2つのレンズよりさらに高倍率(約16.7倍)になり望遠域は300mm(フルサイズ換算では450mm)になり超望遠の世界に突入します。

出典:ニコンホームページAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR

価格も1番高く830gと最重量なレンズですが、三脚を使えば問題ありません。何よりレンズ交換の手間が省ける!これが大きいです!

まあ一眼レフの本来の醍醐味はレンズ交換ですが。。。

AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

上のレンズと同じ焦点域ですが、望遠側のf値が6.3と暗くなってる分、それが価格にも反映されています。それが許容できればこのレンズでも十分ですね。

高倍率ズームのまとめ

便利すぎる高倍率ズームですが、僕はあまり旅行やテーマパークなど行く機会がないので、購入する選択肢に入ったことがありませんでした。

それに実はフルサイズ用ではAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRの1種類しかなく高倍率ズームはDXレンズに多くラインナップされたものなのです。

DXを使うのであれば、AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRが良さそうです。軽いは大正義ですから!

その他レンズ

その他レンズフルサイズ換算発売日質量アマゾン価格(2017/8/9現在)
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G53mm2009年3月200g28,803円
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G60mm2011年8月235g33,015円
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR128mm2009年12月355g56,214円
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED16mm2003年11月305g72,509円

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

まずは単焦点レンズからです。単焦点とはズームができない焦点距離が固定されたレンズのことですが、最大の特徴としてはとても明るいレンズになります。

僕もフルサイズ用の単焦点レンズ50mm/f1.8を持っています。

このレンズもf値が1.8と背景をおもいっきりボカしたいときに持ってこいのレンズです。

DXレンズの多くはf値が3.5以上が多くて明るいレンズがラインナップされていません。単焦点レンズでもFXでは山ほどの種類があるのにDXではこれ1本です。

貴重な明るいレンズなので、ぜひ購入しておきたいですね。

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

花などの撮影に重宝するのがマクロレンズ。(ニコンではマイクロレンズと呼んでいる)

フルサイズ換算すると焦点距離は80mmでf値も2.8と背景をボカすこともできるのでポートレート撮影にも適していますね。

出典:ニコンホームページAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

花などをよく撮る人は先ほどの単焦点レンズより、コチラを選んだほうが1本のレンズの撮影幅が広がります。

AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

同じくマクロレンズ。先ほどのマクロレンズより焦点距離は2倍以上(128mm)になります。f値は少し暗くなりますが物撮りなどに活躍してくれそうです。

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

最後は魚眼レンズ。常に撮影時に必要かと言われれば不要ですが、1本持っていると何かと便利なレンズです。

僕は純正は高いのでシグマの魚眼レンズを買いましたが。。ただ買ってあまり使えていないのが現状です。

その他レンズのまとめ

単焦点レンズ、マクロレンズ、魚眼レンズとそれぞれ特徴の違うレンズを紹介しましたが、僕ならAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gの単焦点レンズ。

これ1本持っているだけで、撮影の幅も広がります。安くて軽量なのでお財布にも体力的にも負担になりません。


まとめ

今回僕がメインでAPS-C機を使うなら揃えておきたいDXレンズとして、

  • 広角レンズ:AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR(約3.4万円)
  • 標準レンズ:AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR(約10.6万円)
  • 望遠レンズ:AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR(約3.1万円)
  • 高倍率ズーム:AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR(約6.4万円)
  • その他のレンズ:AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G(約2.9万円)

という感じになりました。トータル金額として約26万円ほどです。

ちょっと高いです。。

でもこの中で高倍率ズームは他のレンズと焦点距離が被っているので、これを省くと約20万円。

それでも高いですね。。

安さを重視すると標準レンズをAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(約2万円)に変更して合計が約11万円になります。

なんと!広角、標準、望遠をAF-Pレンズにして単焦点1本の合計4本のレンズが11万円で揃えることができます。

  • 広角レンズ:AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR(約3.4万円)
  • 標準レンズ:AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(約2万円)
  • 望遠レンズ:AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR(約3.1万円)
  • その他のレンズ:AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G(約2.9万円)

DXレンズはフルサイズのレンズに比べると格段に安くてお手頃です。

以上、僕がAPS-C機を使うならどのレンズを揃えるかなあという妄想でした。

はあ〜APS-C機をサブで買って早く2台体制にしたいわあ〜。。。_(┐「ε:)_ズコー

関連記事


 - カメラ ,