fukuyomaru.com

一瞬の思い出を永遠に

*

国宝・臼杵石仏の里で蓮の花を撮ってきた!

   

     

          


大分県臼杵市といえば国宝に指定されている石仏を連想します。そして7月に入ると石仏近くには公園があり、そこには蓮畑が広がっています。

というわけで今回は国宝・臼杵石仏の里で蓮(ハス)の花を撮ってきました。

蓮の花を撮ってきた!

蓮の花は7月から8月にかけてが見頃で早朝に咲き、お昼には閉じるということなので、朝5時前に起きました。。大分市から臼杵までは40分ほどで着きます。

嬉しいことに入場料や駐車場は無料でした。ただ意外にも着いた頃には既に20人ほどのカメラマンがいました。蓮畑の隣にある駐車場は多くは停められないので、早めに来たほうが無難です。

撮影した日はまだ7月初旬だったのでまだツボミの花もチラホラありましたが、淡いピンク色がステキです。

蓮の根のほうは水が張っていますが、数匹のカルガモさんが除草してくれてます。ちなみに蓮の地下茎はレンコン(蓮根)として食用になりますね♬

ミツバチもたくさん飛んでました。蓮と一緒に撮ると一層雰囲気が増します。

飛んでいる虫を撮るなんて難しいと思ってましたが、たくさん飛んでいるのでバンバン撮っちゃいます。

2匹なんて余裕です!

ミツバチが4匹だって撮れます!

全体を暗め(露出をアンダー)に撮るとしっとりとした雰囲気になります。

ちょうど山から朝日が昇ってきたので、魚眼レンズで撮ってみます。

ツイッターではアップしてましたが、今回魚眼レンズを実戦初投入です。

ryuou21
早く魚眼使いたい〜どこかナイスな被写体ないかしら😳😳 pic.twitter.com/dKL21sENEi
2017/06/13 16:02

国宝・臼杵石仏を見てきた!

せっかくなので石仏も見てきました。こちらは国宝として整備されているので、観覧料はかかります。

臼杵石仏は60余体の磨崖仏群で平安時代から鎌倉時代に彫られたそうですが、誰がなんのために造営したかはっきりわかっていないそうです。

こちらはすごく優しい顔をしている仏様です。

眼下には先ほどの蓮畑を確認することができます。


ちなみにfukuyomaru.com調べによると大分の国宝は3つです。

宇佐市の宇佐神宮。

豊後高田市の富貴寺。

撮影機材

まとめ

蓮の花はお昼には閉じるそうなので撮影には少しだけ早起きが必要ですが、淡いピンク色がとてもステキな花でした。7月30日までは蓮まつり行なっていて色んなイベントもあるのでみなさんもぜひ行かれてみてください。

国宝臼杵石仏公式ホームページ

さて7月に入りそろそろ梅雨も開けて本格的な夏になるので、次の花はヒマワリですかね。撮影が楽しみです。(๑˃∀˂๑)♪

関連記事


 - 撮影記録, , , , ,