fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

撮影するときに使っている便利なiPhoneアプリ10選!

      2017/07/23

     

          


写真は撮影する技術や機材が重要ですが、撮影前の準備も結構重要だったりします。

いつ何をどのように撮るのか、例えば一週間後の土曜日は満月だから、主題はお城、副題は満月にしようだとか。

ここでは普段僕が使っている撮影するときや撮影前の準備段階で便利なiPhoneアプリを紹介します。

天気予報

まずは、天気が良くないと撮影はできませんね。特に朝日や夕焼け、月を撮影したいとき、星を撮影したいときは当日に撮影場所が晴れているのかチェックが必要です。

Yahoo!天気

定番のお馴染みヤフーの天気予報。

一週間前からの天気が確認できるので、ざっくり撮影当日が晴れるのか雨なのか知りたいときに使います。

場所にもよりますが、ピンポイントで確認することもできます。例えば別府と検索すれば別府駅、別府タワー、別府大学などいろいろな場所を確認できるのが嬉しいですね。

 

WeatherMap

WeatherMap+
WeatherMap+

より詳細な天気を知りたい場合はWeatherMap。

ヤフーの天気予報で天候を確認したら、次は雲の動きを確認します。なぜかというと予報は晴れでも雲が多い場合があります。ちなみに晴れの定義は雲の量が2割〜8割なのです。なので晴れたとしても最悪8割雲があるので、いざ撮影場所に行くと雲で被写体が撮影できなかったという悲惨な目に遭いますのでご注意を!

WeatherMapは有料なのですが、5日先の雲の動きを3時間おきに確認することができます。

撮影2〜3日前になればこのアプリを使って雲がかかってしまわないかチェックします。欲をいえばもう少し場所を拡大できればベストです。

 

移動

Googleマップ

ド定番中のド定番。目的地を検索するならGoogleマップは欠かせないでしょう。

目的地までの経路を確認したりするのに使いますが、最終的には車のナビに任せます。

僕のおすすめは地図の見た目を航空写真にすることやストリービュー。家にいながら現地の様子や雰囲気を感じることができます。

下の写真は大分県玖珠町の豊後森機関庫。現地に行かなくてもここまで確認することができます。

駅すぱあと

目的地までの移動が電車の場合はこの駅すぱあと。

大分に引っ越してからは使う頻度はめっきり減りましたが、大都市圏での撮影で電車移動が必要なときは重宝します。経路探索の他に路線図や時刻表の確認もできます。当然仕事の出張でも使えます!

 

太陽・月・星座・潮汐

日の出日の入りマピオン

撮影場所を入力して、日の出日の入りの時刻や軌道はどの辺りからなのか確認できるアプリです。

被写体を夕焼けをバックに撮りたいなど、被写体に対して太陽の位置関係が分かる便利アプリです。

 

Diana

Diana
Diana
Price: Free

月を撮影したいときに使うアプリ。方位の他に月の入り月の出時刻も確認できるますが、時系列で確認できないので視覚的に少し分かりづらいです。

 

日めくり

これも月の満ち欠けを確認できるアプリ。こちらは月間カレンダーで満ち欠けが分かるので、今週より来週の方が満月に近いから撮影に適しているなど撮影の計画を立てやすいアプリです。

また、星の撮影にも使えます。

星は満月だと明るくて撮影には適していないので、月間カレンダーを見ながら今週は満月だから星の撮影は避けたほうがいいなど、無料アプリながらなかなか使い勝手がいいです。

 

サンサーベイヤー

僕が最も使うアプリがサンサーベイヤー。

有料ですが太陽や月を入れて撮影したい場合に日の出日の入り時刻の他にどこから昇りどこに沈むのか軌道も分かる超便利なヤツ。

太陽は季節によって軌道が変わるので、例えば下の2枚の写真は赤い丸印のところがお城なのですが、緑の丸印から撮影する場合、冬至の日の方がお城と太陽を一緒に写せますよね。

・夏至のときの太陽の軌道

 

・冬至のときの太陽の軌道

 

さらにストリートビューで太陽と月の軌道も確認できるので現地を確認することができます。

これなら撮影場所に行って確認しなくても家でシミュレーションできますね。

 

星座表

星のシミュレーションに使うアプリ。

撮影したい時刻を選択すればその時間で何の星座が見れるのか分かります。

オリオン座や天の川などの動きもチェックすることができます。

 

潮汐なび

潮汐なび
潮汐なび
Price: Free+

干潮や満潮の時刻を確認したいときに使うアプリ。

大分県では6箇所のポイントを確認できます。ただピンポイントで検索するのは難しいです。

使うシーンといえば、夕焼けなどで潮が引いたときに普段海で浸かっている場所が見え神秘的な夕焼けを撮影したいとなれば、撮影時刻に干潮かどうかを確認する必要があります。

まとめ

・天気予報であれば「Yahoo!天気」、より雲の動きを詳細に知りたいなら「WeatherMap」。

・車での移動経路や現地のシミュレーションは「Googleマップ」、電車での移動であれば「駅すぱあと」。

・太陽の日の出日の入り時刻であれば「日の出日の入りマピオン」、月の月齢や月の出月の入り時刻なら「Diana」「日めくり」。詳細に軌道まで確認したい場合や現地のシミュレーションなら「サンサーベイヤー」

・星座の確認であれば「星座表」、潮汐の確認なら「潮汐なび」

関連記事


 - 撮影知識 ,