fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

これが天の川なのか!満天の星空のくじゅう高原で夢中でシャッターを切り続けた!

   

     

          


全国天の川ファンのみなさまこんにちは!

先日、ついにわたくしも天の川の撮影に挑戦してきました!当日は休日、新月、快晴という星の撮影を左右する重要なポイントを全てクリアしているという珍しい日でしたので、これは星の撮影に行くしかないっしょ!ということで、大分県竹田市の久住に行ってまいりました!

 

大分県屈指の星撮影ポイント!それが「久住」!

星の撮影するにあたって撮影場所のチョイスは非常に大切ですが、ここ大分県の「久住」は屈指の星撮影ポイントです。1,700m以上の山々が連なるくじゅう連山を眺め、久住高原が広がる自然豊かな場所、そして光害が少なく標高も高いことからキレイな星を見ることができます。

「久住」は「くじゅう」と読みます。平成の大合併以前は久住町として存在していた町で、沿岸部に住んでる僕にとっては、すごく非日常を味わえるところです。

 

初めての天の川で感動!

さて、当日の天気は快晴ということで、早速現地で撮影開始します。まず、天の川を探さないといけません。そこで役立つのが「星座表」アプリ。このアプリで現在どの星座がどの方角に位置しているか確認できます。もちろん天の川も確認できます。

夜中の12時前に撮影していますが、この時間だと天の川は南の方角ですね。

ところが南の方角に目をやると何やらうっすい雲のようなものがかかってますや〜ん。_(┐「ε:)_ズコーあれ?今日ってバリ快晴じゃね?とふと疑問に思いながらもシャッターを切るわけですよ。

背面ビューで撮影写真を確認すると・・・ん?・・・これ、もしかして天の川?

おお〜っ!これが天の川か!天の川を見たことなかったので、写真で確認するまでは天の川を認識できませんでした(笑)

ただ編集してますので、さすがに肉眼でここまで見えないですけど。

でもこの一面銀世界を見ることができる僕ってなんて幸せなんだろう。と思えるくらいキレイでした!

で何枚か撮影しているとあることに気づきます。もう少し画角が欲しいな・・・天の川全体をファインダーに収めたいなと。超広角レンズが欲しくなります。。

 

比較明合成でグルグルと星を回したった!

今回、天の川撮影以外にももう1つ目的がありまして、それは比較明合成という方法で星の軌跡を撮りたいと思ってましたん。方角によって星の軌跡は変わってくるのですが、僕が狙ったのは北の方角。北の方角だと北極星を中心に丸く円を描くような軌跡が撮れます。シャッタースピードを15秒にして下の写真を合計250枚撮影しました。時間にするとだいたい1時間ちょっとです。

ただ、比較明合成の撮影は通常の撮影と違って長時間になるので、1人だとクッソ暇です(笑)これがこの撮影のデメリットですが、わたくし車に戻らず、1時間外で星をずーっと眺めていました。。。w

もう5月下旬ですが、夜はまだまだ寒いわけですよ。。おまけに山の近くということで尚更です。念のためフリースと手袋を持ってきてましたが、それでも寒くて、比較明合成の撮影後にもう1度粘って天の川を撮ろうと思いましたが、数枚撮ってギブアップでした(笑)


まとめ

初めて久住での星撮影に挑みましたが、天の川と星の軌跡、2つの目的が果たせて非常に満足な時間を過ごすことができました。これから梅雨に入って本格的な夏がやってきますが、夏場にもう1度星の撮影ができたらなあと思ってます。次回はくじゅう連山の反対側の長者原方面で撮りたいでっす!(๑˃∀˂๑)♪

関連記事


 - 撮影記録 , , , ,