fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

まるでジャングル!あまりにも暑いので男池湧水群と名水の滝に行ってきた!

      2017/08/08

     

          


いや〜毎日が暑いですね!夏ってなんでこんなに暑いのでしょう?

少し動くだけで汗が出てきて食欲もなくなってきますね。まあこの時期ビールは美味いですけど。

子どもたちはすでに夏休みですが、大人たちももうすぐ夏期休暇です。ガンガンにエアコンが効いた部屋でビールを飲みながら甲子園を見たいものです。

さて、こんなにも暑いものだからどこか涼みに行きたいと考えていましたが、そういえば男池に行ったことがないなあと思い、朝5時に起きて男池湧水群に行ってきました。

男池(おいけ)湧水群

男池湧水群は九重連山の一つである黒岳の山麓に位置します。大分市からは50kmほどあり車で1時間ちょいですね。

真夏ですけど、森林内は通常より温度が下がっているのと虫対策も兼ねて長袖を着用しました。

入園時には入り口で清掃協力金100円を支払い、早速目玉である湧き水を目指します。

園内は人が手が入っておらず原生林がそのまま残っています。

さすが新録の季節です。緑、みどり、ミドリ、Greeeeen!

まるでジャングル!写真の中の色は道路を除くと緑しかありません笑。

空を見上げても緑です。おっきな木も残っているので巨木マニアにはたまらないでしょうねえ。

これぞ原生林といった風景でしょうか。緑がものすごく濃いですね。原生林をこんなに身近に感じられるなんてステキでふ!

森林の間を縫って木漏れ日を確認することができました。さっきから緑しか撮ってなかったのでいいアクセントになります。

園内に入って数分で男池に着きました。

もっと歩くかなと思ってましたが意外でした。

湧き水が青いです!キレイです!飲もう!

 

でも、ペットボトル忘れたっ!!

 

膝を曲げてかがんで手で水をすくって飲もうとしましたが、カメラを持っていたので躊躇しました!うん、少し後悔。。

次回は忘れずに持って行きます。。。w_(┐「ε:)_コテッ

名水の滝

せっかく男池まで来たので名水の滝にも行こうと思います。名水の滝まで500mということなので散歩にはちょうど良い距離です。

この日は前日に雨が降っていたのか地面はだいぶぬかるんでました。アスファルトではないので、運動靴を履いて行った方がいいですね。

さて最後のほうは木で作られた階段を昇って、また下りるといった道程でしたが、雨で濡れて滑りやすかったです。

小さいお子さんを連れて歩くのはちょっとしんどいですね。

やっと名水の滝に着きました!

涼しい〜!歩いた甲斐がありました!写真では伝わらないかもしれないですが、結構な水量です。滝の間近にいるので、轟音で自分の独り言もよく聞こえません笑

今回はNDフィルターを使って撮影してます。

NDフィルターを使うことで水の流れを絹の糸のように撮影することができます。

NDフィルターは簡単に言うとカメラに入ってくる光の量を減らすフィルターですが、僕が使ったのはND500。

500というのは、カメラに入る光を通常の1/500の量にすることができます。

なぜフィルターを使うかと言うと、水を絹の糸のように撮影するには、シャッタースピードを下げなければいけません。

日中にシャッタースピードを下げると、明るすぎて写真全体が白飛びしちゃいます。なのでNDフィルターを使ってカメラに入る光の量を少なくし暗くするのです。

ちなみに名水の滝は道路の脇下にあって道路沿いに車も停められるところもあるので、歩くのがめんどくさい人はそちらを利用するといいですよ!

撮影機材

まとめ

男池湧水群と名水の滝でマイナスイオンをたっぷり浴びることができました!たくさんの原生林を見ながらの散策は真夏でもヒンヤリしていて、季節を忘れさせてくれました。

紅葉の時期はより見応えがあるだろうなあと思うので、また寄りたいと考えてます。(▰˘◡˘▰)

関連記事


 - 撮影記録 , ,