fukuyomaru.com

一瞬の思い出を永遠に

*

プロフィール


みなさんこんにちは。プロフィールをご覧頂きありがとうございます。

fukuyomaru.comを運営しているryuouです。

fukuyomaru.comについて

blog-428950_1920

このブログは、主に趣味であるお城、風景(夜景、夕焼けなど)や歴史的建造物の撮影記録を発信しています。そしてたまに日々の生活において実行または感じた節約、資産運用について紹介しています。※ただ最近は撮影記が多いです・・・(бвб))zzz

簡単にプロフィールをご紹介します。

cat-861330_1920

・出身 おんせん県

・在住 大分市の外れのほう

・家族 妻、子

・職業 会社員

・趣味 お城や風景撮影、資産運用、節約、Apple製品

・好きな食べ物 ラーメン(トンコツサイコー)、唐揚げ

生まれて約30年を大分県で過ごして、2012年7月に転職によって大阪に引っ越しました。そして2016年2月にまた大分県に戻ってきました。

趣味について

photographer-455747_1920

一眼レフカメラの遍歴

一眼レフカメラに興味を持ち始めたのが2010年頃でした。

きっかけは、弟の結婚式で撮影するにあたって、会社の知り合いから一眼レフカメラを借りて撮影したことがきっかけでした。

操作するボタンが色々あって当初は、適当に撮影していましたが、撮る楽しさ、特に一瞬の表情をカメラは見逃さずに撮影できることや、レンズ交換する楽しさがあり自分も一眼レフを買いたいと思うようになりました。

そして、ついに2013年6月に一眼レフを買うことができました!

買ったのはキヤノンのEOS60Dでした。

なぜキヤノンを選んだかと言いますと、以前働いていた会社でキヤノンの一眼レフを組み立てしていたことと、カメラといえばキヤノンが一番有名だからとうことで、キヤノンのカメラを買いました。

そして、カメラを買ってから数ヶ月して、ふと家電量販店でカメラを見ていたら、そこにニコンのカメラが置いてありました。色々カメラのことを調べていくうちに、キヤノンは人肌をキレイに写すために白く見せる。ニコンは現実に近い色を出すことや、ニコンが耐久性に優れNASAのカメラにも採用されていると知ってからニコンに興味を持ち出し、キヤノン一眼レフを購入して半年後の2013年12月にニコンD7100を買うことになりました。

しばらくはD7100を使っていて、また色々カメラのことも分かってきました。

カメラにはセンサーサイズが違う!ということが分かりました!

カメラのセンサーサイズには、主にフルサイズとAPS-Cサイズがあります。

風景を撮影することが好きなため、センサーサイズは画角が広いフルサイズが有利です。

使っているD7100の特長は、飛行機や電車など動いているものを撮影するのが得意な機種でしたので、フルサイズのカメラが欲しくなってきました。

そこで、2014年10月にD610を買うことになりました。

2年あまりで3台ものカメラを買うことになり、だいぶ無駄使いしてしまいました。

 

  • 2013年6月   キヤノン EOSD60
  • 2013年12月   ニコン D7100
  • 2014年10月   ニコン D610

 

まあ、なんだかんだありながら、自分の撮影スタイルも分かってきました。

今までは出不精だった僕がカメラに興味を持ち始めてから色々撮影したいと思うようになりました。カメラにはそんな不思議な魅力があります。

カメラ機材の紹介

thumb_img_1500_1024

カメラボディ

カメラは2014年10月よりNikonのフルサイズであるD610を使用しています。

そして、2016年8月からはバッテリーグリップも使っています。

やっぱグリップ付けると本格的やぁ٩( *˙0˙ )۶キタアアア!

thumb_img_1688_1024

レンズ

これまでは24-85㎜のキットレンズと50㎜の単焦点レンズでしたが、2016年7月に大三元レンズである24-70mm/VR小三元レンズの70-200mm f/4G VRを購入しました!なのでレンズラインナップは以下のようになりました。

  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
  • AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
  • AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

三脚

三脚はベルボンの3Wayタイプを使用。こちらも現在アマゾンでは5000円台とめちゃくちゃコスパが良いです。初めて三脚を買う方には低価格でオススメの三脚です。

カメラバッグ

カメラバッグは普段はクロームのリュックタイプを使用。

IMG_0031

カメラバッグといえば、実用性重視でなかなかオシャレなバッグって少ないですよね。だけどこのクロームのカメラバッグは、実用性とオシャレを兼ね備えたバッグです。レンズは数本入れられるし、クリーニングキットやレンズフィルターなどの細かい備品も入れられるようになっています。それにバックパックタイプなので両手が空きます。自分の車以外で移動するときや撮影時にはマジで助かります。

あとは小型のショルダーバッグです。近場に車で撮影に行くときなど荷物があまりないときはサッと持ち出せるのですごく重宝します。

この冬買いたいカメラ機材①(カメラバッグ)

防湿庫

IDEXのD-strage 60L DS-63Mを使用しています。

有名な防湿庫メーカーだと容量が大きければ3万円以上はしますが、IDEXの防湿庫は60Lというサイズで約2万円で買えちゃうというかなりお得な防湿庫です。

棚は三段あるのでレンズ数本、ボディ、カメラ機材を入れても十分足りるサイズです。まだまだ梅雨真っ最中でこれからもカビが心配ですよね。

僕も防湿庫を買う前はハクバのドライボックスを使っていましたが、乾燥剤をいちいち買うのが面倒です。面倒くさがり屋の僕にとって防湿庫はピッタリな品物です。

thumb_IMG_1399_1024

デジタル機器

僕のメインPCはMacbookAir(2014)の11.6インチサイズです。13インチとも迷いましたが、外へ持ち出すこともあるので軽量、コンパクトを理由に11.6インチを選びました。軽いは正義です。最初は画面が小さいので作業しづらいかなと思いましたが、全然11.6で十分です。むしろ13インチだとデッカくて邪魔になります。

それに、MacbookAirで好きなところは、キーボードが打ちやすいことです。

去年発売されたMacbookや最近のPCってどうしてもキーボードのストロークが浅く打ちにくいかなと思います。僕はなるべく打鍵感があるほうが好きです。

スマホはiPhone6ということでPCもスマホもアップルということでいつの間にかリンゴ信者になっています。(笑)

 


公開日:
最終更新日:2016/09/19