fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

2018年2月に撮りたい撮影スポット!

      2018/05/18

     

          


冬の季節はどうしても撮影候補が少なくなりますが、2月に入ると咲く花も徐々に増えて春の訪れを感じることができます。

イベントも多くなってきますが、まだまだ寒いので防寒対策はきちっとして出掛けましょう!

2018年2月に撮りたい撮影スポット

ひな祭り

出典:第35回 天領日田おひなまつり開催情報! | 一般社団法人 日田市観光協会

2月から3月にかけて行われるひな祭り。旧家に古くから伝わる伝統あるひな人形やひな道具は絢爛豪華な物ですので、旧家や会場に展示されています。散策するだけでも楽しそうですね。

僕は男兄弟なので、ひな人形をほとんど見る機会はなかったので、今年は県内のどこかのひな祭り会場を訪れたいと思います。

水仙

1月に引き続き水仙を見ることができます。

河津桜

早春を告げる花といえば河津桜。2月上旬から咲き始め3月上旬ごろまで見ることができる早咲きの桜です。

ソメイヨシノに比べて花が大きくピンク色なのが特徴です。メジロを狙って河津桜と一緒に撮るのもいいですね。

昨年(2/10)行ったときは、まだ蕾でしたので、今年は見頃を狙って行きたいと思います。

梅も春の訪れを感じる花。2月ごろから咲き始めます。梅は花が小さいので梅の木全体を撮るより、ズームで撮る方がより魅力的に写ります。メジロとの相性もバッチリです(笑)

菜の花

菜の花は早春というより春真っ只中に咲いているイメージがありますが、なんと1月から咲いています(笑)。九州だから早いんですかね。本格的には3〜4月ごろです。

天体

  • 新月-2月16日
  • 満月-なし

大分県内の見どころ

ひな祭り

出典:天領日田おひなまつり/日田市

県内では杵築や日田や、そして中津あたりが有名です。各市でひな祭りのイベントを行っています。

豊後水道河津桜祭り

津久見市四浦半島では河津桜を楽しめます。四浦地区は4600本が植えられており県内最大の名所です。2005年から地域の方々が沿道などに植栽されたいうことですから、比較的最近のことです。

今年の開催情報はまだ更新されていませんが、昨年は2/12~26の2週間で開催されています。

四浦半島の河津桜 – 津久見市公式ホームページ

梅祭り

県内の梅の名所は大分市の吉野梅園、日田市の大久保台梅園が有名です。

また、祭りイベントはないですが大分市の護国神社では境内に豊後梅が200本が植えられています。

修正鬼会(しゅじょうおにえ)

出典:天念寺修正鬼会(2月22日) | イベント | 豊後高田市

修正鬼会とは国東半島六郷満山に伝わる伝統行事で毎年旧暦1月7日に行われます。

無病息災、五穀豊穣を祈る行事ですが、現在では、天念寺、成仏寺、岩戸寺の3つだけとなっています。※成仏寺、岩戸寺は隔年開催

歴史ある行事なので毎年今年こそは行ってみたいと思ってますが、平日開催なので厳しそう・・・



まとめ

2月になると徐々に花が咲いてきて、イベントも増えてくるので春はもうすぐだなあと感じてきます。朝晩はまだ寒いので星撮りにはきっちり防寒対策が必要です。

できる限り今まで行ったことないスポットに行ってきたいと思います。

関連記事


 - 撮影知識