fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

セメントの町 津久見市の工場夜景!

      2017/02/16

     

          


全国1億2千万人の工場夜景ファンのみなさんこんにちは。ryuouです。

工場夜景っていいですよね〜!人々を魅了するために作られたわけでもなく無機質に光る工場。たまりませんね〜。

ということで今回は大分県津久見市の工場夜景を撮ってきました。

セメントの町 津久見市

dsc_2525

津久見市は大分県南部にある町で、大正時代より山地の豊富な石灰石を資源にセメント産業が盛んになりました。

面白いのが地名に「セメント町」があります。1967年(昭和42年)にセメント工場にちなんで名付けられました。ちなみに山口県小野田市にも「セメント町」があり全国で二つあります。

今回は津久見市に工場がある太平洋セメントの工場夜景を撮影しました。

太平洋セメントは津久見湾の真ん中にせり出している部分にあります。これは南側から撮った写真。

dsc_2526

そして、これは北側に回って撮った写真。

dsc_2528
dsc_2527

 

今日の一枚

dsc_2529

最近、夜景ときたら編集でマゼンタ色にするのがブーム。今回は相棒の24-70VRではなく70-200 f8の望遠レンズで撮影。望遠はいい!当たり前だけど標準レンズより寄れる!

今まで標準レンズで撮影きましたが、望遠レンズが追加になったのは大きいです!

野球で言えば毎回エースを登板させていたのが、望遠レンズが入ったことで2枚看板を撮影に臨むことができます。持ち運ぶ機材は増えますが、撮影の幅も広がります。

項目条件
ボディNikon D610
レンズAF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
焦点距離70㎜
絞り値F8
シャッタースピード15秒
ISO1000
ホワイトバランス蛍光灯
露出補正+3.0
ピクチャーコントロールビビッド

アクセス

津久見湾へは東九州道津久見ICを下車して国道217号線を東へ向かいます。

太平洋セメントを南側から撮った場所です。

太平洋セメントを北側から撮った場所です。

まとめ

今回は撮影計画としては、夜中の12時頃に出発して、津久見市で工場夜景、朝焼けを狙って四浦展望台へ。そして朝から隣町の臼杵市で臼杵城、臼杵磨崖仏を撮影する予定でしたが、天気予報ダダ外れで夜中から雨。_:(´°ω°`」 ∠):_

工場夜景も他にも色々と撮りたかったのですが、ほとんど撮影はできず車で2時間待ちつつもさらに雨がひどくなったので帰宅・・・w。ということで残りの3つはまたの機会です。

でも久しぶりの工場夜景で楽しかったです。\( ˆωˆ )/

関連記事


 - 撮影記録 , ,