fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

2018年に買いたいカメラ機材、登山・キャンプ道具

   

     

          


2017年もいろいろとカメラ機材を買いましたが、まだまだ欲しいものがあります。

それに2018年は登山やキャンプも始めたいと思っていて、道具を全く持っていない状態からスタートするのでカメラ機材だけでもお金がかかるのにさらにお金がかかります。。

2017年も買いたい物を紹介しましたが、結局買ったのかも併せてご紹介します。

2017年の結果

欲しいものはたくさんありましたが、結局2017年の始めに買いたいと思い実際に買ったのは、1位のシグマ魚眼レンズだけ。。

2位のカメラバッグは当初のf.64のバッグが欲しいと思ってましたが、値段も安くて信頼性からニコンのバッグを買いました。

高い堅牢性と大容量の収納力!NikonカメラバッグフォトキャリオールプロXLを買いました!

  • 1位 魚眼レンズ:15mm /F2.8(シグマ) → 買った!
  • 2位 カメラバッグ:NSCX27L(f.64) → ニコンカメラバッグを買った!
  • 3位 カメラストラップ:Air Leather Strap → 買わなかった
  • 4位 PCモニター:GL2460HM BenQ) → 買わなかった 
  • 5位 三脚・雲台: → 買わなかった
  • 6位 超広角レンズ:14-24mm f/2.8(ニコン) → 買わなかった
  • 7位 超望遠レンズ:200-500mm f/5.6(ニコン) → 買わなかった

でも、カメラ機材以外や小物類は買っていますので、よかったらこちらもどうぞ。

2017年に購入したカメラ機材とその他色々を紹介します!

2018年に買いたいカメラ機材

三脚・雲台:N-3204X+K30X(シルイ)

出典:SHIRUI 高品質・高性能プロ用三脚、雲台、クイックシュー

まずは三脚と雲台です。昨年も欲しい物ランキングにランクインしていましたが、今の三脚は雲台が取り外せないタイプです。しかもカメラとレンズの重量を考えると耐荷重も心もとないです。

当初はRRS(Really Right Stuff)の三脚・雲台が欲しいと思ってましたが、海外サイトから購入というハードル、現物を見ずに買うリスク、三脚・雲台を合わせると20万円という高額商品という理由からRRSは諦めようと考えてます。

そこで、新しい三脚・雲台を探してました。やっぱり欲しいのはカーボン製ですが、シルイというメーカーがコスパが良さそう。

中国メーカーということで若干の不安はありますが、ネットで調べてもネガティブな情報はあまりなさそうなので、大丈夫と思います。

このN-3204X+K30XであればスペックでもRRSにも劣らず、6万弱で買えます。

超広角レンズ:15-30mm f/2.8(タムロン)

出典:TAMRON | SP 15-30mm F2.8 Di DC USD

星の撮影用に欲しいのが超広角レンズ。今は標準レンズ24-70 f/2.8で撮影していますが、やはり画角の広さは超広角レンズにはかないませんし、天の川全体を写真に収めることもできません。

神レンズと言われ評判の高いニコンの14-24mm f2.8が欲しいところですが、20万を超える代物。。おまけに発売から10年も経過しています。

中古で妥協しようか考えてましたが、サードパーティ製で探してたところ、タムロンの15-30mm f/2.8が10万円を切ってコスパが良さそうです。

画角は14-24mm f/2.8より1mm狭いですが、手振れ補正が付いています。

AF速度も高速で解像感も評判が良く、そして、何より14-24mm f/2.8の半額以下で買えちゃいます。

唯一、重い(1.1kg)のが難点ですね。。でも撮影はだいたい三脚に載せてるので大丈夫ですかね。

フィルターが付けられないのは、14-24mm f/2.8でも同じです。

2018年に買いたい登山用品

今年から登山を始めるのですが、装備品を全く持っていないので一から揃える必要があります。

全て揃えるとキリないですが、そこでまず登山の三種の神器である登山靴、ザック、レインウェアは最低限はそれなりの物を買いたいと思います。

登山靴:ツオロミーブーツ(モンベル)

出典:モンベル | オンラインショップ | ツオロミーブーツ ワイド

登山靴もいろいろなメーカーから販売されていますが、やっぱり試着して自分の足に合うかが重要です。合っていなければ、登山中靴ずれによる足の痛みなどで歩けなくなる恐れだってあります。

いろいろなメーカーを扱っている登山専門店みたいなところで買いたいですが、大分県内ではなかなかありません。アウトドア量販店なら多くあるのですが登山用品はあまり置いてないです。。

あと大分市内にあるのはモンベルになります。メーカーが固定されてしまいますが、モンベルは国内メーカーでコスパがとても良いので、靴はモンベルになりそうです。

モンベルでも2万円前後はしますので、登山用品はお高いですね。。

ザック:ズール40(グレゴリー)

出典:アマゾン

登山靴と同様に試着して買いたいのがザック。ザックもたくさんのメーカーがあり、たくさんの種類があります。

僕は最終的にはテント泊までやりたいのですが、テント泊用ザックとなると容量が多くなるので、まずは、小屋泊用まで可能な30〜40Lぐらいのザックにしようと思います。

メーカーは、まだ迷っていますが、ザック界のロールスロイスと言われているグレゴリーにしようかと。

レインウェア:ストームクルーザー(モンベル)

出典:モンベル | オンラインショップ | ストームクルーザージャケット Men’s

レインウェアは雨が降ったときに着るものですが、それだけだと着るシーンは限られるので、アウターレイヤーも兼ねて着たいです。登山だけでなく、キャンプや冬場の撮影でも活躍しそう。

モンベルのストームクルーザーが良さそうですね。ゴアテックス素材を使っていて外からの雨の侵入は防いで内側の汗などによる水蒸気を逃がす構造になっています。

普通の安いレインウェアだと内側は汗でムレムレですね。

カラーバリエーションもたくさんあるし、モンベルで試着もできるのでストームクルーザーで決まりです。

2018年に買いたいキャンプ用品

昨年秋ぐらいにキャンプを始める予定でしたが、長雨と台風の影響で結局できませんでした。

それと、まだテントとイスしか持っていませんので道具を揃える必要があります。

キャンプ道具もたくさんあるので、家にある道具を流用しつつ少しずつ集めたいと思います。

テーブル:ナチュラルウッドロールテーブル/120(コールマン)

出典:ナチュラルウッドロールテーブル/120 | キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

まず欲しいのがテーブル。理想は安定性があってがっしりしたものですが、車に積み込むことや、持ち運びも考慮しないといけないかと思ってます。

今狙っているのがコールマンのロールテーブル。このテーブルは材質に天然木を使っていて、なおかつ高さもを2段階調整できます。サイズも4〜6人用なので、ウチは家族3人なので十分な広さです。

材質が木だと高くなりますが、こちらはアマゾンなどネット通販であれば1万円ちょっとで買えるのでコスパも良好です。

タープ:XPヘキサタープ/MDX(コールマン)

出典:XPヘキサタープ/MDXグリーン | キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

続いてタープです。日除けはもちろんくつろぎの空間となるのがタープの役割。

まだキャンプを始めてないので早くキャンプに慣れて夏場までには買いたい一品です。

ガスコンロ:カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A(イワタニ)

出典:アマゾン

今考えているキャンプは、最初はテントを設営して弁当を持って食べようと思ってますが、もちろんキャンプの醍醐味は野外での調理です。

いろいろ慣れないことだらけなので、慣れたら調理もしたいと考えているので、そのためにはガスコンロが必要です。ガスコンロといえばイワタニです。

まとめ

カメラ以外にも登山やキャンプとかいろいろ始めようとしてますが、本来僕は出不精で出掛けると言ったら居酒屋やショッピングぐらいでした。

カメラを趣味にしてからアウトドアに目覚めていますね。。

登山やキャンプはしたことないので、不安ですが、大自然を満喫できそうなので今からとても楽しみにしています。(๑˃∀˂๑)♪


関連記事


 - カメラ , , , ,