fukuyomaru.com

「大分を撮る」をテーマに。カメラで魅力を伝えるブログ。

*

原尻の滝から眺める満点の星!

      2017/02/16

     

          


みなさんこんにちは〜。約30数年おんせん県に住んで最近温泉の魅力がわかってきたryuouです。寒い日はゆっくり湯船に浸かって日頃の疲れを癒すのが一番幸せとつくづく感じてます。(๑’ᴗ’๑)

大分県の有名な滝といえば竜門の滝、沈堕の滝、東椎屋の滝、西椎屋の滝など色々ありますが、中でも豊後大野市にある「原尻の滝」が一番有名じゃないでしょうか。

 

原尻の滝

東洋のナイアガラ

原尻の滝って田んぼが広がる平野の中に突如現れる一風変わった滝ですが、阿蘇山の噴火によってできた溶結凝灰岩が崩落してできたものです。

「東洋のナイアガラ」とも呼ばれてます。

てっきり東洋のナイアガラといえば原尻の滝やぁと思ってたら群馬県沼田市の吹割の滝や鹿児島県の曽木の滝なんかも東洋のナイアガラと呼ばれてるみたいで「東洋の滝」でググったら1ページ目にヒットしたのはこれら2つの滝のほうが検索上位だったので原尻の滝は全国的にマイナーなんやと少し落ち込みました(笑)

 

原尻の滝周辺

滝の近くには神社があり、緒方三社といって3つの神社の総称で、そのうち1つ二の宮社があります。11月中旬には緒方三社川越しまつりもあるみたい。

この日は夜中の0時頃までは雲がなかったのと月も満月ではなく、天候もヨロしいとうことで絶好の撮影日和でしたが、3時頃から雲が出てきてあまり撮影できなかったのが残念ですね。

 

これは滝の下流にある「滝見橋」です。

 

滝に向かう階段から。若干ピンボケです。

 

これも滝の近くにある風車。オリオン座を背景に撮りました。

目で見た風景とカメラに収めた風景では少し見え方が違っていて、カメラで撮った風景の方が遠近感を感じます。

焦点距離は24㎜で撮りましたが、24㎜は広角の部類に入り、近いものは大きく、遠いものは遠くなっておりパースペクティブ効果(遠近感)が出て気に入ってます。

あと今回は全ての写真でソフトフィルターを使いましたが、これがあれば明るい星を強調してくれるのでオススメですよ。

 

※2017/2/4追記

今回初めて比較名合成に挑戦しました。途中から雲が多くなりだいぶ雲が入ってますが星の軌跡は撮れました。

まとめ

時間が経つにつれて雲が出てしまい2時間程しか撮影できなかったのが残念ですが、満天の星空が見れて満足です。

でも暗闇の中、一人で轟音の中、滝の撮影は怖いものがありましたよ。

趣味の合う人がいれば一緒に行けますが、一眼レフというニッチな趣味なので仕方ないですね。

また原尻の滝に行きたいですし、これからも大分県の絶景をたくさん紹介していきたいです。(▰˘◡˘▰)

関連記事


 - 撮影記録 , , , , , ,